イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

『読書をしている子は国語ができる』は本当でした〜子育て体験談〜

f:id:idokusyoclub:20211208134647j:plain

こんにちは。二人の娘を子育て中のカコです。

 

昨シーズンで我が家の中学受験は一段落したものの

受験勉強真っ只中の時に、悩みの種となっていたのが

『国語の成績の上げ方』でした。

本を読む子は国語の成績が良いって聞くけど、本当?
それなら、いっぱい本を読ませた方がいいの?

そんな私が実際に子育てを通して、その答えにたどり着きましたので

それを綴っていきたいと思います。

 

目次

 

読書は成績を上げるのに役立つか?

結論としては「YES 」です!

それは、どうしてなのか?

読書のもたらす効果について見ていきますね。

 

文字(漢字)に触れる機会が増える

小さい子が文字を覚えるためにやることって何でしょう?

「ひらがなの練習」?

違います!

文字に多く触れさせることですよ。

 

言葉に興味を持ち始めたお子さんに、絵本などで、

「『いぬ』って書いてあるね〜」など

まずは教えてあげますよね。

 

それと同じ。

大きくなって、少し長い文章の本を読めるようになってきたら、

漢字が含まれる本も読むようになってきます。

最初は「ルビあり」の本でかまいません。

すると自然に漢字に触れる機会が増えますよね!

 

小さいお子さんに「ひらがなの書き取り」を強要しないように

小学生にも「漢字の練習」ばかりさせたら嫌いになっちゃいます 泣

 

もちろん漢字練習は大切な勉強法の一つなので必要ですよ!
後日、漢字に強くなったニコの話も書きますね〜♪

というわけで、読書は漢字に触れる機会を増やしてあげることができるんです。

 

読む力がついてくる

「文字がたくさん並んでいるだけで嫌になる…」

「だから国語の教科書を見るのも嫌だ…」

「テスト問題を読むのも苦手…」

となってしまったら大変!

 

だって日本に住んでいる限り、国語に限らず、

他の教科も日本語の文章で書かれていますからね。

他の教科の成績を上げるためにも『国語の読解力』は必要です!

 

その読解力を付けるためには、何をするか?

ひたすら『読解問題』を解かせる?

それこそ国語が嫌いになっちゃいます 泣

 

どうすればいいか?

お子さんが好きそうな本をたくさん読ませてあげましょう♪

「小学○年生だから、こんな本を読まなきゃいけない!」

「大きくなったんだから、そんな簡単な本ばっかり読んでないの!」

など、うるさい口出しはしないであげてくださいね。

自分の読めるレベルが上がれば、少しずつ難し本にも手を伸ばすようになりますから♪

 

知識が豊富になる

中学受験の知識問題で取り扱われる同音異義語『同訓異字』

勉強で詰め込むよりも、普段の生活でそれらの言葉を使っていれば、

わざわざ時間をかけて覚えることもないですよね。

 

例えば『A解放』と『B開放』。

「人質をカイホウする」は、どちらの漢字? という問題。

「解き放つ」だから『A』だ!

という感じで、意味が分かれば解けたりします。

 

そういう意味のニュアンスって、想像力にも関わるので、

実際に経験できないものは、読書などで疑似体験させてあげると有効です。

 

他にも、『ことわざ』『慣用句』など。

実生活の中で使ってあげられれば、もちろん良いですが、

なかなか使う機会が無いときには、やはり本が頼りになります!

実際、

それって「井の中の蛙(かわず)大海を知らず」だね

あ、その言葉 知ってる!この前、本で読んだ〜!

なんてこともありましたよ 笑

 

いつから始めればいい?

始めよう!と思った時が始め時です!

と言ってしまっては、あまりに雑すぎるので 笑

一応、体験談を踏まえた目安はこんな感じです。

■乳幼児期(0歳〜5歳)

 …国語力は抜きにして、本を大好きにしてあげられる

  (結局、後々、国語力に繋がります)

■小学校低学年(6歳〜8歳)

 …学校の勉強とは別に、読書をするのが当たり前の状態にしてあげる

  (学校でも文章に触れるのが苦にならなくなる)

■小学校高学年(9歳〜12歳)

 …この時点で読書が好きではないなら

  簡単な本、または、マンガのノベライズでも良いから

  文章に触れて「楽しい!」という感覚を味わわせてあげる

  中学受験を想定している子は、できれば4年生の内に。

  (学年が上がるにつれ、確保できる時間も少なくなるし、

  効果が現れるまでに時間もかかるので。。)

 

読書の成果〜子育て体験談〜

イチコ(中1の場合)

小学4年までは、あまり本を読まない子だったのですが、

5年生の夏にぼくらの七日間戦争を買ってあげたら大ヒット!!

そのごぼくらシリーズを読みまくり、読書にハマってくれました。

 

ただ、読書の効果は受検勉強期間中には、なかなか現れず。。

国語は苦戦を強いられました。

 

しかし、中学校に入学してから効果発揮!

さほど勉強していないのに(コラ!笑)

先日の塾のテストで、国語の得点『96点』偏差値『65』と

得意の数学を上回った!(快挙!)

塾の授業でも

読解の問題で重要な所に線を引いていくんだけど
後から先生が解説してくれる所と、私が引いた所、
ほぼ一致してるんだよね〜♪

と嬉しそうに報告してくれました。

 

ニコ(小3の場合)

とにかく漢字に強いです。

塾で「花まる漢字テスト(通称;HIT)」というのを受けるんですが、

96点以上を取ると飛び級ができる制度があり、これを利用した結果、

小3で小学5年生レベルまで進みました。

 

友だちKくん(中1の場合)

イチコの友だちKくんは、両親が共働きなので

こどもルーム(学童)に行っていたのですが、

そこでしていたのが、ひたすら読書

「外で遊ぶより本を読んでいるのが好きみたい」とママが言っていました。

そのKくん、この春、麻布中学に合格したそうです♪(おめでとう!)

 

まとめ

『読書は国語の成績を上げる効果がある』と書いてきましたが、

『国語の成績を上げるために読書をさせる(強制する)』だと

効果は期待できないと思います。

あくまで読書は楽しむもの

楽しんだ先に、成績アップがあるのだと思います。

親御さんは、お子さんに楽しい読書の時間をプレゼントしてあげてください。

 

 

次回は『読書する子は親次第〜多読のススメ〜』(仮)を書いてみようと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。