イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

中1女子がかけてくれた言葉に母は嬉しくなってしまいました

f:id:idokusyoclub:20220131180615j:plain

昨日の朝、イライラの地雷を長女イチコ(中1)に踏まれ

爆発してしまった母(私)。

 

昨日は反省に反省を重ね、

イチコが学校から帰ったら誠心誠意 謝って、

早く仲直りしよう!と考えたところまで綴りました。

今回は、その続き。

イチコが帰宅した夕方以降の出来事です。

 

昨日の詳細についてはこちらです↓

idokusyoclub.hatenablog.com

 

まずは謝罪で仲直り

昨日の夕方、玄関で出迎えると、こわばった顔をするイチコ。

そんなイチコに、まず一言。

朝は、大きな声を出してごめんなさい!

え?なんで?

朝のように、また自分が怒られるんじゃないか

と思っていたらしいイチコ。

だから、こわばった顔をしていた模様。

だって、お母さんがイライラしていたせいで
怒っちゃったんだもん。
お母さんが悪かったの。ごめんね!

いいよ。

大好きだよ!

・・・(照)

仲直りでいいかな?

いいよ・・・

私も、余計なことを言って、ごめんなさい。

これには母は驚いた。

今まで、自分の非を認めて

自分から謝ることがほとんどなかったイチコが

誰かに何かを言われたわけではないのに

自ら素直に謝ってくれたので!

いいよ。
お母さんも、昨日はバタバタしていて余裕がなくて
イチコの言葉が気に障っちゃったの・・・
そんな風に気がついてくれて、ありがと!

ということで、無事に仲直りができました。

 

嬉しかった言葉その1

仲直りしたあと、イチコと色々と話をしました。

最近、ランチジャー弁当にしてから
ちょっと頑張りすぎてたのかも。

お弁当、全部、手作りだもんね。

だから、ちょっと頑張りすぎないようにしようかと思って。

えっ!?もしかして冷凍食品?

そう、冷凍食品1日1品使って良いルールを
復活しようかな〜って。
あれ?冷凍食品、きらい?

きらいではないけど・・・
お母さんの料理が美味しいから・・・

なんて嬉しいことを言ってくれるのか!

母は「おいしい」という言葉が、何よりもご褒美なのだ!

 

とは言え、また頑張りすぎて余裕をなくして、

怒りを爆発させては本末転倒なので…

「頑張りすぎない程度に頑張る」ことに決定。

冷凍食品を使うか使わないかは、その時々で決めながら、

お弁当生活は、まだまだ続くので、細く長く…ということで。

 

嬉しかった言葉その2

はぁ、なんだか今日は疲れたな〜
めざましテレビの占いで、2位だったんだけどな〜

ニコは10位だったよ〜

トゥデイ イズ ノット ユア デイ

・・・?
なんて言ったの?

えっと、先生が言ってたんだけど
日本人は何かあったときに自分を責めることが多いけど
海外の人は「今日は自分の日じゃなかったんだ」って
考えるんだって。
だから、not your day!

母は、うるっときてしまいました。

お母さんのせいじゃないよ、今日はついてなかっただけだよ、

とイチコに励まされました。

すごく嬉しかったんです。

ありがとう!Today is not may day!

 

 素直な成長に感謝

「負うた子に教えられて…」という気分です。

学校の先生の受け売りとは言え、

へこんでいる母に励ましの言葉をかけてくれたイチコ。

なるほど、そういう考えもあるのね!と、

気分が一気に明るくなりました。

 

本当に良い子に育ってくれた!と、大声で叫びたいほどでした。

でも、また大声を出すわけにはいかないので・・・

ブログで我が子自慢!笑

素直に育ってくれて ありがとーーー!!!

これからも承認欲求を満たす子育て頑張ります。