イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

中2女子の成長(!?)で、すんなり親子ゲンカが解決した件

近頃、思春期女子(イチコ・中2)と仲良くやっている母です。

 

小学校時代は毎日のようにイチコを怒っていた私ですが

最近はというと、特にイチコに対して怒ることがありません。

塾の先生に

「勉強ができる子にしたければ勉強について親は口出しするな」

と言われて以来、一切 勉強に口出ししなくなりましたので、

特にイチコを怒るきっかけがないのです。

(逆に私が怒る原因、第1位は”勉強”だったのだと分かりました)

 

原因 第1位はなくなっても、第2位が・・・

しかし、先日、久々にイチコとケンカをしました。

原因は勉強ではなく、イチコの寝起きの不機嫌です。

怒る原因、第2位のやつですw

これまでブログにも数回、イチコと私の親子ゲンカについて綴ってきました。

その原因は、いずれも不機嫌!ww

以前からの読者の方は、またか…と思われるでしょうね…。

しかし、解決方法が今までと全く違うので、記録に残すことにしました!

(ちなみに過去の親子ゲンカの記事はコチラ↓↓)

idokusyoclub.hatenablog.com

idokusyoclub.hatenablog.com

 

事の顛末

今回も、過去2回と同様に、

ピアノの前の昼寝、からの不機嫌ですw

(何度、繰り返すんだ!という感じです)

今回、過去2回と違うのは、家での練習ではなく、

ピアノの先生の所へレッスンに行かなければならないということ。

寝起きのイチコ。

レッスン開始まで時間がないのに、靴下をゆっくり履いたり、

のんびりお茶を飲み出したりするので

「早く準備して!遅れるでしょ!」と私が注意。

すると「ん💢!?」とイチコが口答え!!

という感じでバトルが開始したというわけです。

 

ケンカしたまま、イチコはピアノの先生のお家へ。

私も腹が立ったまま、夕食の準備に取りかかりました。

過去2回は私から謝ったものの、

今回はイチコの態度が悪い!と思い、

私から謝るかどうかを含め、色々と考えながら準備をしました。

 

そうしている間に、イチコのピアノのレッスンが終わり、帰宅。

案の定、まだ不機嫌な様子で、ドスドス足音を立てながら廊下を歩いてきます。

そんな態度なら!と、こちらも仲直りを考え直します。

が、部屋に戻って荷物を置いてきたイチコが一言。

今度からは、もう少し早く起きます!!

と、声は怒った様子ながらも、反省の言葉を述べたのです!!

 

これは初めての経験!!!

思春期の中2女子、生まれて初めて自分から反省の意を示しました!!

 

振り返ってみれば、イチコの人生、

幼児の頃のイヤイヤ期からずっと反抗期が続いていたようなもの。

自分の非が分かっている時も、自分を守るために自分の殻にこもり、

どうしても素直に言葉を発することのできない子でした。

それが!!!

自分から私に対し、仲直りのきっかけを持ちかけてくれくれた。

とても嬉しすぎて、私は「ありがとう!」と言いました。

 

承認欲求を満たす子育て

塾の先生に「勉強に口だし禁止」と言われていた他に

「15歳までは承認欲求を満たす子育てをしてください」と言われていた。

なので 、イチコが頑張っていること、

今までは出来なかった(やらなかった)のに

出来るように(やるように)なったことなどを受け止め、認めて、褒める、

という子育てを、まだ始めて半年程度ですが、心がけるようにしています。

idokusyoclub.hatenablog.com

 

その効果もあってか、今回のスピード解決に繋がりました。

本人に「今までと違うけど、どうしたの?」と聞いてみたら

ずっと黙ってても、良いことないって思ったから…

という返事が返ってきました。

今までは「どうせ親としゃべらなくても生活に支障ないし…」

という考えだった、あのイチコが!?

承認欲求を満たす子育てで、成長してくれたということでしょうか!!

なので、私は「イチコが色々と考えて謝ってくれたの、すごく嬉しよ」

ということを伝えました。

それを聞いたイチコも嬉しそうでした。

 

違う人間同士なので、今後もぶつかり合うことはあると思いますが、

手探りながらも、お互いのことを思いながら解決していけたらと思います。

親も子どもと一緒に成長できるよう、頑張ります٩(ˊᗜˋ*)و