イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

数学と時代劇、異色のコラボ小説が面白かった!『彩菊あやかし算法帖』

先週のブログで、青柳碧人さんの本を読んだ体験談を書いていたら

久々に また読みたくなったので…青柳さんの本、読んじゃいました!

今まで読んでいなかったけど読んでみたかった本

『彩菊あやかし算法帖』です!!!

 

 

 

彩菊あやかし算法帖

超 大まかな あらすじを書くと…約二百年前の日本、

常陸国の彩菊ちゃん(17歳)が大好きな算法(数学)を使って

あやかし(物の怪・化け物)による村々の被害を救っていく…という話。

(本当に超ザックリになってしまった!( °᷄д°᷅;)⁾⁾)

 

こう書いてしまうと、彩菊ちゃんがヒーローのごとく、

すすんで化け物退治をしている印象を与えてしまいますが…違います!

本当は化け物とは関わりたくないし、怖いし。

でも、お上の命令に逆らうことはできないし…。

それに大好きな算法が絡んだ事件と聞くと、血が騒いでしまう…!

というわけで、様々な事件に関わることになるのです。

浜村渚の計算ノート時代劇版といった感じでしょうか。

こちらも浜村渚シリーズと同様、短編がつまった本となっています。

idokusyoclub.hatenablog.com

 

 

母の読後の感想

予想以上に、めちゃくちゃ面白かった!!!

時代物なので、どうなのかな〜?と思っていたのですが、

私としては「浜村渚の計算ノート」より好きです❤︎

理由は、青柳さんの現代版の小説って、

なんだか わちゃわちゃした印象を受けるのですが、

(↑うまく表現できなくてスミマセン…)

時代物のこれは、そういう わちゃわちゃ感がなくて読みやすかった。

対 人間ではなく、物の怪だったから、という雰囲気的なものもあるでしょうか。

 

あとは水戸黄門的な、一件落着!みたいな感じでスカッと感があり、

読後が気持ちよかったです。

短編小説が苦手な私ですが、

これは何だか楽しくて、次々と読んじゃいました。

 

しかも、算法(数学)が話の柱ですから、それがまた面白い♪

毎回、算法で解決できるなんて、そんな上手い話があるか〜!

とツッコみたくなりますがw

科学を使って解決する科捜研の女のようなドラマがあるのだから

算法を使って解決する事件があってもいいのかもしれない…かな!?

 

数学好きな人にオススメの本、だけど…

というわけで、数学が好きな人が読んだら、めちゃめちゃ面白いと思います。

なので本当は、我が家の数学好きな長女イチコ(中2)と一緒に読もうと

用意した本だったのですが・・・

妖怪やオバケなど怖い系が嫌いなイチコ。

もしかしたらこの本、ダメかも〜!?

 

私の感覚としては、ほとんどの化け物は怖くなかったけど、

一つだけ、1冊目の第五之怪「彩菊と逢魔が手鞠歌」だけは

ちょっと不気味だったなぁ。

元々、私も怖いのは苦手な方なので。

 

というわけで、怖いのが平気で数学好きな方は、ぜひ読んでみて下さい。

怖いのが苦手な方は、自己判断でw(たぶん、大丈夫ですよ〜)

中高生にオススメの本です。