イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

子どものモノが捨てられない!!!〜我が家が狭くなる理由〜

我が家はマンション暮らし。

リビング・子ども部屋(勉強部屋)・オトさんの仕事部屋・寝室と

部屋数も多くはないし、広くもない。

なのに、物が多い!!!

特に気になるのが、次女ニコ(小4)の荷物。

あちらこちらにニコの物が散らばり、狭い部屋が更に狭くなっている…。

 

部屋に散らかっているものの内訳は以下の通り。

  • ニコの作った作品たち(折り紙、工作、イラスト、などなど)
  • 作品づくりのための材料(折り紙、割り箸、紙コップ、輪ゴムなどなど)
  • 実験キット(電池で動くモーターキット、偏光板、太陽電池キットなど)
  • ニコの勉強道具(テキストや問題集、筆記用具などなど)
  • 本(読み終わったもの、読もうと思って持ってきたもの)
  • よく分からない小物類(ガチャのオモチャ、磁石、何かのオマケ、など)

本は、本棚に戻せばOKですが、

それらの本も、どんどん増えて、本棚に入りきらなくなってきている…。

 

勉強道具に関しては、塾での勉強が始まってから、

テキストや問題集がどんどん増えていくので、

勉強道具入れの収納カゴに入りきれず、溢れてきている!

 

ニコが作った作品なんか、ほぼ毎日、次々に出来上がっていくので、

片付けが全然 追いつかない!!!

 

ニコの大切なモノ入れの引き出しは、もう満杯。

クロゼットも、子どもたちのものでいっぱい。

本棚も、本やオモチャで、かなりパンパン。

なので、よく使うモノ、最近使ったモノなどは

どこにも片付けることができないまま、床に散らばる、というワケです。。

 

来週には、待望のエアコンクリーニング屋さんが来てくれて

エアコンを掃除してくれる予定。(今日もエアコン無し生活…)

部屋が散らかったままでは、エアコンクリーニング屋さんも作業ができない!

というわけで、今週、猛暑の中、コツコツと片付けをしている私。

 

そもそも、なぜ こんな部屋になってしまったか!?

それは…私が子どものモノを捨てられないから!なんだと思います。。

 

だって、ニコの作品なんて、可哀想で捨てられない!!

楽しそうに作っている所も見ているし、

「上手にできたよー!」なんて喜んで見せてくれたりしたモノだし、

時間をかけて、苦労して作っているのも知っているし。

そんな想いのこもった作品たちを捨てるなんて〜!!( ˃ ⌑ ˂ഃ )

と思っていたら、部屋が狭くなっていた。。苦笑

 

エアコンクリーニングは良い機会。

捨てられない(捨てるのが苦手な)私ですが、

今回、思い切って片付けましたョ!

折り紙の作品集は、段ボールに詰めました。(実はもう一箱ありますw)

さすがにグチャッと崩れてしまった作品などは、ゴミ袋行きとしました。

あちこちに散らばっていた何種類もの折り紙は、ひとまとめにし、

しかも段ボールに縦に入れて、取り出しやすく収納しました。

 

 

ニコが昨年度までの2年間、

楽しく受講していた「ワンダーボックス」というSTEAM教材は

もったいないけど、もう遊ばないようなので、サヨナラすることにしました。

(ありがとう!ワンダーボックス!!)

 

更に、ずっっっと前に作ったトリックアート作品。

こちらも、いよいよ お別れすることに。。

idokusyoclub.hatenablog.com

他にも、ニコが、キラキラのスパンコールやセロファンを入れて楽しんでいた

ペットボトルの色水も、下水にサヨナラするなど、

私としては、かなり思い切って、色々なモノたちと決別しました。

 

今回、片付けながら思ったこと。

結局、「モノを捨てられない」っていう理由は、

「モノ」を単純な「物」で見ているのではなく、

モノに一緒にくっついている それぞれの思い出や時間も無くしちゃうようで

捨てられない…という状態になってしまっているのかな〜、と。

 

よく「作品などは捨てる前に写真に撮っておくと良い」なんて話も聞きますが

やっぱり写真じゃなく、実物がいいんですよね〜。。

それに写真に撮っても、写真自体も膨大な量になってくるので、

結局、整理が追いつかなくなるし。。

 

なので、どこかで気持ちに区切りをつける必要があるのだと思いました。

自分の時間も、子どもたちの時間も、これから更に積み重なって

モノも思い出も次々増えていく一方ですからね。

実物も、写真も、記憶も、膨大になっていく中で、

適切に削除していく(されていく)ことが必要なのかと。

 

出会いがあれば別れがある。

新しいモノに出会い、成長していくためにも、

寂しいですけど、過去のモノとちょっとずつサヨナラしながら、

暮らしにくい環境にならないように

部屋の一定程度の広さを確保していきたいと思います。