イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

これが正しい方法かは分かりませんが…(実家7日目)

実家に帰省中の私たち。

今朝、ばぁばちゃんが「今日もしっかり頑張ろう!」と

朝から軽く圧力をかけてきたので…

ばぁばが洗濯をしている間に、怒られがちなイチコと話をしました。

 

「イッちゃん。あのね、

ばぁばが  また、イチコを怒ることがあるかもしれないかもしれないけど、

お母さんは、どんなことがあってもイッちゃんの味方だよ。

イッちゃんのこと、大好きだからね。(ハグ♪)

でも、ばぁばがイチコを叱ってる時に、私が口を出すとケンカになって

家に帰らなきゃならない事態になるかもしれないから、

怒られてても、お母さんは手助けはしないよ。

だから、イチコが自分で何とかしないとね。

叱られた時に反抗的な態度を取ったりすると、

また、雪だるま式に怒られる事が増えちゃうから、

そこはイチコが頑張るところなんだけど…やれるかな?」

「(親指立てて)うん」

「ありがとう。お母さん、イチコのこと、信じてるね。

がんばろうね」

「(親指立てて)うん」

 

というやりとりをしたおかげか、

今日のイチコはピアノの時間もサボらず、

そもそも怒られないように頑張って練習をしていました。

自分で「今日のイチ、めっちゃ練習してて偉くない!?」

なんて、自画自賛してましたけどねw

たしかに偉かったと思うよ。

 

というわけで、今日は子どもたちが怒られることもなく

穏やかな一日を過ごすことができました。

こういうやり方が正しかったのかどうかは分かりませんけどね…。

 

でも、ここ(実家)に居る限り、

いつもと違うルール(ばぁばの考え)で過ごさなければならないわけで…。

対応策として、事前の打ち合わせをすることで、

軋轢を回避してみました。

子どもにとって、これで良かったのか分からないけど…

やっぱり怒られちゃうのは可哀想だし、

怒られることで場の雰囲気が悪くなるのも嫌なので。

苦肉の策です…。