イズルハ家の教育系体験記

イチコ(新・高1)ニコ(新・小6)オト(大黒柱)二児の母(私)が日々体験したことを教育系を中心に備忘録代わりに記録しています。公開日記のようなものです。気軽に読んでいってください。

子どもたち、夏休みの宿題を進めました(実家9日目)

イチコとニコの夏休みがスタートして約3週間。

ニコ(小4)の夏休みは残り半分に、

一方、始業式がニコより1週間早いイチコ(中2)は

もう残りが2週間となってしまいました。

というわけで、夏休みの宿題もどんどん進めていかなければ!

 

現在、実家に帰省中の私たち。

田舎に来てから、いつもよりのんびり過ごしている子どもたちは

これまで、あまり宿題が進んでいませんでしたが、

そろそろ頑張らないと、最後が苦しくなってしまうので、

今日はイチコが自由研究の実験を本格的に始めました。

 

自由研究のテーマは小4の頃におこなった研究のリベンジ。

ただ、4年生の時とは違った切り口にしたため、

装置を手作りする所から始まったので

「この実験、本当に成功するの!?」という

不安なスタートとなりました。

 

でも、実験って、やっている内に、なんか色々と見えてくるもので。

最初は、「これ、やっぱり失敗かな…」と思ったりしましたけど、

装置の改良を行うにつれて、

「これはこれで、書く価値があるね」ということになり。

イチコ曰く「ウチの中学校は、過程も大切にする学校だからね」

ということで。

当初の目標からは少しズレてきましたが、

装置の改良や失敗の結果なども含めた研究結果を

まとめていくことになりそうです。

 

アシスタントとしてイチコの実験を手伝った私。

屋外で行う実験だったので、汗はかくし、虫には刺されるし…。

でも、自宅のマンションでは実験を行う場所が確保できなさそうなので

ここ(実家)で出来たのは良かったかな。

 

一方、ニコは、夏休みの絵画を今日から開始。

これも可能なら、広いスペースがある実家で終わらせたい作業。

というわけで、イチコもニコも、今日はそれぞれ夏休みの宿題を進めました。

 

実家生活も、あと半分。

前半は、子どもたち、サボりの時間が長かったけど、

ここでやれることを色々と終わらせてから帰れるようにしないと、です。