イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

小4女子の怪我…& 頼りになる中2女子(実家14日目)

実家で過ごすのも、残り3日。

もう少しで自宅に帰る、という日になって、

次女ニコ(小4)が怪我をしてしまいました。。

 

小4女子の怪我

長女イチコ(中2)の自由研究の実験その3を

今日も屋外でやることにしていたのですが、

ずっと部屋の中にいたニコが、自分も一緒にやりたい!と言い出した。

なので、ニコも一緒に外に出て、

家の前の細い道路で実験の続きをしていたのですが…

道路を横切るように通っている側溝に足を突っ込んでしまったのです。

 

側溝にはスチール製の網の蓋(グレーチング)がかかっていましたが、

少しだけ隙間があって、

ちょうど その隙間に足がハマってしまったようです。

近くにいたイチコがすぐに気づき、ニコに

「動かないで!」と言い、側溝から靴を拾い、

ニコの足を蓋の隙間から そっと引き抜いてくれました。

 

足は抜けましたが、その場から動けないニコ。

仕方がないので、ばぁばと私でニコを抱え家に運び込みました。

ニコの傷は500円玉くらいの大きさ。

ばぁばが薬箱を見てみると、絆創膏が2枚のみ。

するとイチコが「キズパワーパット買ってくるよ!」と言ってくれた。

近くのコンビニにはなさそうなので、

急遽、ばぁばが車を出してくれて、イチコと二人で薬局へ行くことに。

 

というわけで、ばぁばとイチコが帰宅後、

キズパワーパットを貼り、一応、処置完了。

しばらく痛がっていたニコですが、

打ち身対策として氷で冷やしたら少し落ち着いたようで、

足を動かせるようになりました。

 

頼りになる中2女子

実は、私。

血を見ると貧血を起こすほど、血や傷が超苦手…。
(貧血を起こすのは、じぃじ譲り。)

このため、過去に私が自転車で転んで、かなりの怪我をした時も

イチコに傷を消毒してもらったり(自分の傷も見られないので…)

オトさんがキャンプで怪我をした時なども、イチコが対応してくれたり。

我が家の看護師さんの役割をしてくれているのが長女イチコ。

というわけで、自然と「怪我=自分が対応する」というのが

身についたのかもしれません。

このため、今回もイチコがテキパキと対応してくれました。

 

ニコの傷は、大きさこそ、ちょっと大きめでしたが、

傷の深さは浅めだったようで、

血の出る量はそれほど多くはなく、

今回は私も貧血を起こすことなく、対応することができました。

でも、傷の手当ては、やっぱりできないので…(ごめんなさい!)

ばぁばとイチコにお任せ。

イチコ、本当に、頼りになる!!!

すごく助かりました。

 

ばぁばの家も残りわずか。

何事もなく自宅に帰りたかったのに…。

先日はばぁばのコップを壊すし、今回は怪我をするし…。

今回も欲しくない夏の思い出が出来てしまいました。。(°∀°;)