イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

合唱曲のピアノ伴奏は難しい…!? 中2女子の初挑戦

ピアノ歴、約10年になる長女イチコ(中2)。

これまでクラッシック曲を中心に練習をしていましたが、

今回、合唱曲のピアノ伴奏に初挑戦することになりました。

 

合唱曲へのチャレンジ

はじまりは夏休み前。

イチコが通う中学校の音楽の先生が

「ピアノが弾ける人は、夏休み中に伴奏の練習をしておいて」

と言っていたそうで、

それじゃ練習してみようかな?と、チャレンジを決めた模様。

お世話になっているピアノの先生にも(自分で勝手に)事情を話し、

レッスン中に先生に教えてもらいながら

夏休み中、ずっとこの合唱曲の伴奏の練習をすることになりました。

 

しかし、夏休みが始まって2週間が経過し、

実家(ばぁばの家)に帰省する直前。

イチコの状態はというと

「本当にこのままで大丈夫!?」と思うほどヘタ。。

でも、ばぁばの家に行ってしまったら、ピアノが無いので練習できない。

(私と妹が実家を出てからは誰もピアノを弾かなくなったため

♪ピアノ売ってちょうだ〜い♪のCMの所に売ったそうです)

 

このままばぁばの家に行って

練習しないままだったらヒドいことになるよ!?という危機的状況( °᷄д°᷅;)⁾⁾

なので、実家から車で10分程度のいとこちゃんの家から

卓上キーボードを借りて練習することに。

ピアノと全然違って鍵盤は軽いし、鍵盤の数も足りないし…。

ま、仕方ないけど、指の動きの練習にはなるだろう。

 

と、一応、練習を継続できたおかげで

実家から自宅に帰ってきた時には、まあまあ聞ける状態に。

そのご夏休みいっぱい、家での練習をイチコなりに頑張り、

なかなか良いんじゃない?というレベルまで上達しました。

 

合唱曲のオリジナル練習法

これまでは自分一人で自由に気持ちよく弾けるような曲ばかり

練習してきましたが、

今回は歌う人がいて、その歌に合わせなければならない、

という大きな違いが。

 

なので、ある程度 弾けるようになった時、

「私が歌ってあげようか?」と提案してみました。

ま、すぐに却下されましたが…(°∀°;)

 

代わりに採用したのがYouTubeを使った練習法。

今は便利な世の中ですね〜。

色々な動画が配信されて、自由に使えるんですもの。

なので、今回、練習している合唱曲をYouTubeで検索。

合唱コンクールの動画にあわせてピアノを弾く、という練習法を繰り返しました。

最初は全くリズムが合わなかったイチコですが、

何度も何度も繰り返しているうちに、

だんだん歌に合わせて弾けるようになってきました。

 

合唱曲のピアノ伴奏の難しさ

そして、昨日。

いよいよ音楽の時間に、実際にクラスの合唱に合わせて

ピアノ伴奏をする日がやってきました。

 

帰宅したイチコに結果を聞いてみると・・・

「ボロボロだった」

とのこと。( °᷄д°᷅;)⁾⁾

 

やっぱりみんなの前で弾くとなると緊張するし、

なぜか音楽室のピアノの場所だけガンガン冷房が効いてて

手が冷たくて動かなかった…と言っていました。

 

ま、仕方ないですね。

 

昨日、学校から帰宅後に練習している様子を見ると

前より上手くなっているように聞こえたのですが、

実際の歌に合わせて弾くのと、自分だけで練習するのは

やはり勝手が違うのでしょう。

でも、すごく良い経験になったのではないかな?と思います。

 

「そもそも、なんで伴奏にチャレンジしたの?」と聞いてみたら

「音楽の成績がこれ(伴奏)で上がるかな〜って思って」

と、成績アップをもくろんでのことだそうで。

ならば、余計に、今回の失敗は良かったのではと思う母。

前回はボロボロだったけど、

次に弾いた時にはちゃんと弾けるようになっていたら

それだけ練習して努力をしてきたのね〜と

先生に思わせることができるのでは?

 

なによりイチコの心も折れていないようでしたし。

「音楽の成績のために頑張る!」と、

昨日も意気込んでいました。(๑•̀ㅂ•́)و✧グッ!

 

だったら、ピアノの練習時間を増やせばいいのに…と思う母。

練習を頑張る子って、通常、1時間とか2時間とかやってるイメージ。

(実際は知らないですけど、あくまでイメージ。)

一方、イチコの場合、学校がある平日は20分・休日は25分。

短すぎ!!

 

なぜ25分と中途半端な時間設定になっているか?というと…

次女ニコ(小4)のピアノの練習時間が毎日20分なのに対し

イチコ(中2)の練習時間も同じく20分だったので、

ある時、

「中学生のあなたはニコより難しくて長めの曲を練習しているのに

練習時間は小4と同じでいいの?」と言ったら

休日だけ5分伸ばした…という経緯なのですw

 

まぁ、失敗するのも成功するのも本人なので、

本人が思うようにやればいい。

母は温かく見守り、応援するのみです。

(ただ、ピアノのレッスンはお月謝を払っているので

ちゃんとやってね!とだけ伝えてありますw)