イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

子どもにやる気を出させる『特典付き☆TODOリスト』を今月から導入してみました

夏休みの宿題や夏期講習から解放され、

いったん落ち着いている我が家の子どもたち。

ということで、これまで忙しくて手をつけていなかった学習などを

そろそろやってもらおうじゃないか!と考えた母。

 

しかし、ただ単に「やってね♪」と言っても

なかなか重い腰を上げないのは分かっているので

子どもたちが楽しんで取り組めそうな企画を考えてみました。

それが『特典付き☆TODOリスト』です。

 

名前はなんか凄そうですが、そんなに仰々しい物ではありませんw

普通にGoogleのTODOリストを利用しています。

子どもたちが、ずっと音ゲー(プロセカ)で遊んでいるばかりなので

その遊んでいるiPadに「そろそろ〇〇の時間だよ〜」と

お知らせしてくれる機能があるといいな〜と思って始めてみたものです。

 

ただし、普通に「TODOリストやろうよ」と言ってもつまらないので、

子どもたちが食いつきそうな『特典付き』にしてみた、という訳です。

 

まず、次女ニコ(小4)に、この話を持ちかけてみました。

ニコに対する特典として私が用意したものは3つ。

例えば、最近、読んでいなかったデジタル英語絵本を1冊読んだら

 1.ゲーム(Switch)の時間を30分延長できる権

 2.お母さんの時間を20分間 自由に使える権

 3.お小遣いを30円もらえる権

から選べる、というもの。

 

実は1のゲーム延長は元々あった特典なので、新たに追加したのは2と3。

で、お金にあまり興味のないニコは

3には食いつかないだろうと思っていたので、

私と遊べる権利を獲得できるという2を用意してみたのです。

 

時間の使い方はニコ次第。

20分間、ニコと一緒にイラストを描いてもいいし、

20分間、私が頑なに拒んできたゲーム(スプラトゥーン)をやらせる、

でも良い。(私はゲームが苦手。)

もしくは20分間、一緒にニコの好きなYouTubeチャンネルを見ても良い。

ニコの好きなことに付き合いますよ、という内容です。

 

それをプレゼンしてみると、予想通りの反応。

お金はいらないから、お母さんと遊びたい!と食いつきました(๑>ڡ◕๑)

 

そして早速、自分でTODOリストを作成。

ただ、私が作ってしまっては、やらされている感になってしまうので

ここはあくまで自分で作成する、というのがポイントです。

 

しかし、母から一つ注意点が。

「学校の宿題とか塾の宿題は最低限やらなきゃいけないものだから

これは特典付きには入らないよ!」

 

それにはニコも納得。

というわけで、学校の宿題・塾の宿題は『ニコタスク』のリストで管理し

英語の本やプログラミング、辞書読書など最近、手をつけてなかったモノを

『特典付き☆やった方がいいタスク』と名前をつけて、

別リストで管理することにしたようです。

(ニコが自分で考えて作っていました)

 

最初は、TODOリストにチェックを入れて

タスクが消えていくのが楽しかったようで、

ニコリスト」の宿題をきちんと時間通りに行い、

終わったらチェックを入れてタスクを消す、というのを楽しみました(o´∀`o)

 

『特典付き☆やった方がいいタスク』については、

平日はやる気が出なかったようで手を出しませんでしたが、土日に実施。

土曜日は、しばらく遠ざかっていた『辞書読書』を、

日曜日は、熱が冷めていた『プログラミング』を久々にやりましたw

idokusyoclub.hatenablog.com

 

で、この2つを実施した後に、ニコが選んだ特典はというと・・・

20分間、自分の好きなYouTubeを一緒に見る!!!でした(o´∀`o)

(土日ともにw)

自分ももう一回、見たかったし、お母さんにも見せたかったらしい。

楽しいものを一緒に共有したかったのでしょうね。(ありがとう❤︎)

 

「・・・という取り組みを始めたんだ」と、

昨日、我が家の大黒柱のオトさんに話をしたら、

「お母さんって、何かしないと遊んでもらえないものなの?」

と言われてしまった。(°∀°;)

 

はい、そうですョ。

我が家のお母さんは努力しないと遊んでくれないものなのですョ!

こう見えて、家族のために色々と働いて、意外と忙しいんですからね。

母としては、その忙しい時間をニコのために割く、というのに意味がある。

そして、ニコとしては、その母の時間を

自分の好きなものに付き合わせることができる、というのに魅力がある。

二人の利害が一致しているのですから!!

 

・・・という新しい取り組みを始めた話でした。

今後も飽きずに できるだけ長く続けてくれたら良いな、と思っています。