イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

断捨離と切ない気持ち

何の前触れもなく、今週、突然、断捨離を始めました。

思い返せば、前回、断捨離をしたのは10年前。

次女ニコ(現・小4)が生まれてくるからと

産休中に大がかりな掃除&模様替えをして以来です。

 

元々、部屋の片付けが苦手な私。

子どものものが捨てられず、部屋が手狭になっていました。

収納という収納が満杯なため、

入りきれないモノが部屋に溢れ出している状態である…ということに

今回、断捨離をしながら気がついたのです。

それもこれも、きっと思い出を溜め込んでいたため。

idokusyoclub.hatenablog.com

 

でも、今回は思い切って部屋だけではなく、洗面所や靴箱、食器棚など

あらゆる収納を見直しております!

 

そうやって見ていくと、本当に必要なモノ、サヨナラした方が良いモノ、

まだ使えそうだからリユース・リサイクル・寄付に回した方が良いモノなど

様々なモノをきちんと仕分けすることができて、けっこう楽しい♪

 

断捨離中、自分の古い洋服とサヨナラし、中身が空になった衣装ケース。

この中に、今度は何を入れよう?と考えていた時、

そういえば、これ、私が実家を出る時に使った衣装ケースだなぁ、と

ちょっと昔に意識がタイムスリップしました。

そうしたら、

この衣装ケースに荷物を詰めて送り出した時の母の心境って

どんなだったんだろう…と、ちょっと切ない気持ちになってしまい。。

 

自分が実家を出るときは、希望に胸を膨らませていたから

後ろを振り返ることなどしなかったし、

「こんなに大きなモノだと粗大ゴミになるなぁ…」

くらいにしか思っていなかった。

しかし、自分にも子どもができ、母の立場となった今、

自分が出て行った姿と子どもたちが巣立つ時の事が

頭の中で重なってくるのでした。

 

いずれ我が家の子どもたちも、私たちの元を離れていく日が来るでしょう。

悲しいけれど、喜ばしいこと。

嬉しいけれど、やっぱり寂しいこと。

なので、今、一緒にいられる時間を、本当に本当に大切にしよう!

と、改めて思った瞬間でした。

私の中に記憶される今ももちろんだし、

楽しかったな、嬉しかったな、幸せだったな、と、

子どもたちの心に刻まれる時間の過ごし方をしていきたい!と。

 

ニコが生まれる前に実施した断捨離から10年。

あっという間の10年でした。

この先の5年、10年も、多分あっという間なんだろうな。

その間に、きっと子どもたちは親元を離れていくことになる・・・

 

あぁ、書いていたら涙が滲んできた…( ɵ̷̥̥᷄﹏ɵ̷̥̥᷅ )ウルウル

 

なので、とりあえず今は!!!

子どもたちが学校に行っている間に断捨離を進めます。

帰ってきたら、密な時間を過ごせるように❤︎