イズルハ家の教育系体験記

イチコ(中3)ニコ(小5)オト(大黒柱)二児の母(私)が日々体験したことを教育系を中心に備忘録代わりに記録しています。公開日記のようなものです。気軽に読んでいってください。

中2女子の志望校を決める基準は…!?

3連休最終日の昨日は、子どもたちの冬服を準備するため、

家族みんなで買い物に出かけました。

そのついでに、本屋に立ち寄った長女イチコ(中2)とオトさん。

イチコは自分の好きなマンガを買っていましたが、

オトさんはイチコのために、分厚い『高校受験案内』を買ったようです。

 

おやつを食べながら車の中で待っていた次女ニコ(小4)と私。

「お父さんが、受検案内なんて買ったんだよー!」と

ブーブー文句を言いながら本屋から戻ってきたイチコに対し、

「今、買わなくて、いつ買うの?」と冷静なオトさん。

一方、ネットで高校の情報を集めるくらいしか思いつかなかった母。

本(受験案内)を買う方法があったのね!なんて、今さらながら思いつき、

こういうときに、ちゃんとフォローしてくれるオトさんに感謝したのでした。

 

で、家に帰ってきた後、しばらくして暇になった時。

イチコが「見てみようかな〜」と、受検案内を開き始めたのでした。

(あんなに文句言ってたのにねw)

 

そこで、一番最初にイチコが気にした点が

『プールがあるか?ないか?』について。

高校ごとの施設をまとめた欄を見て

「ここの高校はプールがない!」という情報を真っ先に調べていましたw

(というか、受験案内には『空欄は無し、または不明』とあるので、

プール欄の空欄だけで「プールがない!」とは決めつけられないと思うけど…)

 

どうしてもプールに入りたくないらしいイチコ。

これまで第一志望にしていた高校にはプールがあるらしく、

早々に、その高校を志望校から外し、

プールがない(または不明w)の第二志望校に気持ちが移った模様。

ただ、その第二志望の高校。

運動会の他にも運動系の行事があり、

「えー!マラソン大会まであるの〜!?」なんて騒ぎ出し、

プールを取るか、マラソンを取るかで悩んでいるようでしたw

 

+++++

という話を このブログに書いている途中で、

本日、リモートワーク中のオトさんが仕事部屋から出てきて、

「あ、これ(受験案内)。イチコ、見てた?」と聞いてきた。

なので「見てたよ。 で、こんなこ言ってたよ」と、

プールの件を話して聞かせると

「そんな ちっちゃいこと気にしてるの!?」と、半ばあきれていましたw

なので、そんなイチコに私が言った言葉についても話をしました。

+++++

 

「プールが嫌とか、マラソンが嫌とか、色々あると思うけど、

イッちゃん、今の中学校だってプールあるけど、行って良かったでしょ?

どんな学校だって、ひとつやふたつ、自分の嫌だと思う事はあると思うよ。

だから、マイナスの面を考える減点方式ではなくて、

この学校はこんな魅力があるから行きたい!っていう

プラス面の加点方式で考えた方が良いんじゃないかな?

そうしないと、高校受験でのモチベーションアップにもならないと思うけど?」

 

中学受験(受検)をして、今の中学校にご縁を頂き、通っているイチコ。

生徒の自主性を重んじてくれる校風が気に入り、

「受検して良かった!」「この学校で良かった!」と言っている。

 

そんなこともあり、母の言葉を聞いたイチコは

「まあね、そうだけど…」なんて言っていましたが、

やはりプールの有無が気になるようでしたw

 

+++++

母「って話をしたんだけど、どれだけ彼女に響いたかは不明ですw」

父「そんな一時的なことで学校を決めるとはねぇ。斬新だね」

 

というわけで、我が家の長女は今後、どのような決断をするのでしょう?

ただ一つ、彼女が言い残した言葉がありました。

「これ(受験案内)を見て、分かったことが一つあるよ。

(それは)とりあえず、勉強しなきゃってことだね。」

 

はい、よく気づきました。

第一志望にしても、第二志望にしても、

どちらも今のイチコのサボり具合では手が届きませんので!

この受験案内が今後、イチコにどのような影響を与えるのか?

そしてイチコがどのような判断をしていくことになるのか?

温かく見守りつつ、時々、それとなく口を挟みたいと思いますw