イズルハ家の教育系体験記

イチコ(新・高1)ニコ(新・小6)オト(大黒柱)二児の母(私)が日々体験したことを教育系を中心に備忘録代わりに記録しています。公開日記のようなものです。気軽に読んでいってください。

小4女子が年長だった時に受けたテストを見つけたので、反省しながら二人で見てみました。

以前、長女イチコ(中2)が中学受験のために通っていた塾から

次女ニコ(小4)宛に、

全国統一小学生テストの無料招待ハガキが届きました。

イチコがその塾に通っていた頃、力試しとして

一度だけニコ(当時・年長)もテストを受けた事があったため、

それ以来、時々、ハガキが届くように。

 

そんなわけで、今年、『全国統一小学生テスト』を受けるかどうか、

当の本人(ニコ)に聞いてみました。

すると「受けない!」と、即答w

そこで母が一言。

「そうなの?ニコが年長さんの時に受けたテスト、すごく成績が良かったのに」

 

…と言われ、その時の成績が気になったニコ。

テストを見たい!と言い出したので、

しまった…余計な事を言った…と思いながら

昨晩、寝る前だというのに、そのテストの成績表を探すハメに。。

 

結局、昨夜は見つからず、

いったんはニコに「もういいよ…」と言ってもらったものの、

私が気になり(夢にまで見てしまったので)今日は朝から大捜索。

そして、発見!

懐かしのテスト結果を見つけたのでした。

 

改めて振り返ってみると、なかなか好成績。

370人を超える受験者の中、総合で25位だった模様。

これをニコに見せると、

「国語は100点なのに、算数がぁ!?」

今では得意の算数で点数が取れていなかった事にビックリしていました。

 

どの問題がバツになっていたのか、見てみると・・・

ニコ「え!?超簡単な問題が出来てなかったなんて!!」

と、驚きを隠せない様子。

机の上にある積み木を、その動物の目線から見た時に見える図形を選ぶもの。

真正面のウサギと反対側に座っているクマ。

逆の図形を選んでしまっていました!

 

線で結ぶ問題。

1つ間違えると、必然的に、もう1つ間違えるため、

合計2問の間違いに。。

というわけで、1つ5点×2問 間違いとなり、算数は90点。

 

そして、小4のニコを再度、驚かせたのが、正答率。

ニコ「えー!?昔のニコ、20%の正答率の問題はあってたのに、

60%以上の正答率の問題を間違えてたのー!?」

ウサギとクマの問題は、正答率60%超え。

一方、立体図形の最後の問題(投影図⑤)は

正答率が約20%と難しい問題なのに、正解していたニコ。

 

驚くニコに対し、母は冷静に告げました。

「今のニコだって、そう変わらないじゃない。

だって、すっごく簡単な問題でミスをするもの。」

 

はい、今のニコも同じなのです。

毎日やっている塾の宿題の計算問題。

難しい問題は全問正解しているのに、

単純な足し算・引き算の問題では間違える。。

今も昔も変わりません (  -᷄ ω -᷅  )

 

そのようなわけで、今後もケアレスミスには気をつけようね、

という話でまとまりました。

 

さて、無料招待はがきが届いた『全国統一小学生テスト』ですが、

再度、ニコに受けるかどうか聞いたところ、

「受けない!」と、やっぱり断られたww

まぁ、受けても受けなくても、これまでとやることは変わらないので。

塾の勉強+自主学習。

今後も、コツコツがんばりましょう。