イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

中2女子の授業参観。資料作りに苦労した授業参観・・・。

しばらくブログをお休みしていた間の出来事ですが、

長女イチコ(中2)の授業参観に行った日がありました。

ちょうど葬儀などと重ならず、

イチコも出席できたし、私も参観することができました。

 

今回の授業参観は、総合的な学習の一環として

自分たちで調べた(探究した)テーマについて発表を行う、

という形式のものでした。

以前にも、ブログ内で少し触れたことがありましたが、

今年もイチコは自分の興味のある『数学』の探究活動をしていました。

(他にもSDGsやアウトドア、健康やアイドルなど幅広いゼミがありました。)

idokusyoclub.hatenablog.com

 

発表の形式は様々で、

模造紙に自分の調べたことを貼りだして展示している子もいれば、

パネルディスカッションの方法を取っている子もいたり、

実際に見て欲しいテーマについては実演する子もいたようです。

 

イチコは、自分のテーマを発表していく「プレゼン」方式。

ただ・・・聞いてください。(グチに付き合ってください)

その資料作りが、本当に大変だったんです…。

 

参観日の数日前。

余裕そうなイチコに「発表の準備は大丈夫なの?」と聞くと

「うん、大丈夫だよ」と答えていたので、母は信じたのでした。

 

しかし、参観日の前日。

実は葬儀の日だったのですが、待合室でゴソゴソ自分の荷物を出し

資料作りを始めるイチコ。

どうしたのか、理由を聞くと

「先生に、文字が小さいから、もっと見やすい資料を作ってっていわれた」

とのこと。

イチコは手書きの資料を使ってプレゼンをしていく方式とのこと。

資料を見せてもらうと・・・

いや、もう、資料とは言いがたい、ただのメモ書き。

「これじゃ、聞いてる人は分からないよ」と忠告すると

「家に帰ってからやる」と言って、作業をやめてしまった…。

 

そして、夜8時過ぎに帰宅。

疲れていたので、早々に寝たかったのですが、

イチコは資料作りを「10時から始める」と言い出した。

(ま、ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、一休みしたりしたら、

それくらいの時間になってなってしまったんですけどね…)

 

夜10時。

資料作りスタート。

しかし、「こんな風に説明したいんだけど、どうかな?」と相談される母。

(う〜ん、早く寝たいのに。。)

仕方がないので、「それじゃ分かりにくい」「こんな風に見せたら?」など

色々とアドバイスをしているうちに・・・11時。

ようやく方針が決まり、手書き開始。

かと思ったら・・・

イチコ「そもそも、この数式の計算であってるのかな?」と言い出した!!

 

今回、イチコが選んだテーマは「確率」。

自分で探究しながら作り出した数式。

つまり、テキストや問題集のように解答がついているわけではない数式。

答えのないものを考えることほど、辛いモノはない。

 

確かに言われれば、様々な条件が絡んでくるので、式が違うような気もしてくる。

しかし、すでにあと少しで日付が変わるという時間。

今さら言うな!と言いたいところでしたが・・・

「とりあえず条件を固定して、この数式のまま行ってみよう」

ということにしました。

 

翌日、イチコのためにお弁当作りをしなければならない私は

日付が変わった頃、先に寝させてもらうことに。

一方、そのままリビングで資料を作っていたイチコは・・・

気がつくと、夜中の3時過ぎまで作業継続!!!

もー!!だから早く始めればよかったのにぃ!!!!!

 

と、また後回し癖で大変なことになってしまったイチコでしたが、

一応、当日の発表には間に合わせることができ、無事に終了できました。

 

しかし、母はそろそろイチコに学んでもらいたい。

「同じ失敗を繰り返すな!!!」

 

やらなきゃいけないことを後回しにすることで苦しんだこと、

これまでも何回もありました。

例えば夏休みの自由研究とか。

 

失敗すること自体は、それも一つの経験なので、別に良いと思うんです。

でも、同じ過ちを繰り返すのはナシ!

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」じゃダメなんです!!

何か困ったことがあった時に、それを解決する策を考えるからこそ

人は成長するものであって、

そのまま放置していたら・・・成長しないままじゃないかー!!

 

というようなことを、前日の夜、寝る前に

資料作りをしているイチコに伝えたら、シュンとしていましたので、

発表が終わって帰宅したイチコには「お疲れ様、がんばったね」と

ねぎらいの言葉をかけました。

一応、がんばったことは がんばったので。

 

見通しの甘いイチコ。

でも、イチコの言葉を信じた私も甘かったのかなぁ…?

 

ブログ再開早々、こんな話題でスミマセンでした。

今後も温かく成長を見守っていただけますと幸いです。

 

ちなみに・・・

どうして わざわざ手書きの資料を作っていたかというと、

分数やその他の数式がgoogleスライドだと表記できないため

式を使う人は手書きで…という先生の指導だったらしい。

しかし母は、その後、解決法を編み出したので

googleドキュメントで数式を入力、スクショしたものをスライドに貼り付け)

来年、もし再び『数学』のゼミを選んだとしても

ちゃんとプレゼン資料をデジタルで作れます!(๑•̀ㅂ•́)و✧グッ!

だから、来年は今回のような苦労はしないハズ!!ですw