イズルハ家の教育系体験記

イチコ(新・高1)ニコ(新・小6)オト(大黒柱)二児の母(私)が日々体験したことを教育系を中心に備忘録代わりに記録しています。公開日記のようなものです。気軽に読んでいってください。

イズルハ家、母が考えた今年一年を表す漢字は・・・

先日、毎年恒例の『今年の漢字』が発表になりましたね。

夕食の時、そのニュースを見ながら

子どもたちにも今年の漢字は?と質問をしてみたのですが、

いきなりそんなことを言われても…と、返答はなしw

 

しかし聞いた手前、自分も考えなくては!と思い、

その時に私が答えたのが

「毎日、楽しかったから、楽しいの『楽』かな〜」でした。

すると、すかさず次女ニコ(小4)が

「えっ?お皿洗いも楽しいの?」なんて言うので、

「違うよ。一つ一つの出来事っていう狭い範囲のことじゃなくて

みんなと一緒に過ごす時間が毎日楽しかったな〜っていう広い意味でね」

という話をしたのですが・・・

『楽』だと、ラクとも読めて、

う〜ん、楽な生活ではなかったしなぁ…なんて、ちょっとしっくり来なかった。

 

そこで、このブログという場を借りて、

今年一年の漢字を更に考えてみることにしました。

思いついた言葉は、

『幸』『和』『笑』『大切』(← 一文字じゃなくなってるw)

本当に幸せを感じる一年だったし、

穏やかで和気あいあいと過ごせた一年。

みんなで笑い合って過ごせた一瞬一瞬がかけがえのない大切な時間でした。

 

けど、なんか、この言葉では物足りない。

もっと、この気持ちを表せる漢字はないものか!?と

自分自身の知識不足にちょっと苛立ちを感じる私・・・。

なんか、もっと、心が温まるような、いとおしい気持ちを表す言葉・・・

あ、『愛』か。

 

というわけで、決定しました。

私が選んだ今年一年の漢字一文字は『愛』

 

承認欲求を満たす子育てを心がけるようになってから1年ちょっと。

子どもたちに愛情をたっぷり注いだ一年でした。

 

以前は少し注意をすると不満爆発、もしくは無言(無視)など

不愉快そうな顔か無表情が多かった長女イチコ(中2)でしたが、

この一年で、本当によく笑うようになりました。

 

先日、イチコ自身がこんなことを言ったのです。

「最近、イチは怒られてないもんね〜。

そっち(ニコ)の方が怒られることが多いじゃん!」

 

何がきっかけで、こんな話になったのか覚えていませんが・・・

自分は怒られていないという自覚があるようです。

私としては、ちょこちょこ細かい注意はしてるんですけどね。

多分、以前は「怒られる」「注意」は同列で、

「注意」に対しても「また怒られた…」という感覚があったのかもしれません。

 

でも承認欲求を満たす子育てを心がけるようになったからは

怒るのをやめたし

(というか、怒る必要ないなぁ、と思えるようになったし)

褒めることの方が多いので、

多少の「注意」も、彼女にとって、

「痛いとこ 突かれたな〜w」くらいの感覚なんだと思います。

イチコの受け取り方が、まったく変わったような気がします。

 

というわけで、今ではイチコは毎日ニコニコ。

自分の好きなことをやって、幸せそうに日々を過ごしています。

そんなイチコが愛おしい。

 

一方、イチコから「怒られるのが多い」と言われたニコ。

いや、私、ニコのことも、あまり怒ってないハズなんですけどね°)

 

今年、ニコは「イラスト」という新しい趣味に出会い、

YouTubeまで始めるなど、大きな変化の一年でした。

そして、大好きな趣味に出会えたおかげで、

とても楽しそうに、ワクワクしながら過ごしています。

そんなニコも愛おしい。

 

先日、ニコが私に語ってくれた印象に残る言葉がありました。

ただ、それについて書き始めると更に長くなりそうなので…。

明日、改めて書いてみますね。

 

最後に、そんな我が家を支えてくれている

大黒柱のオトさんにも感謝を込めて。

家族からの『愛』を送りたいと思います(๑′ᴗ‵๑)♡イツモアリガトウ

そして来年も同じ漢字を選べる一年でありたいと思います。