イズルハ家の教育系体験記

イチコ(中3)ニコ(小5)オト(大黒柱)二児の母(私)が日々体験したことを教育系を中心に備忘録代わりに記録しています。公開日記のようなものです。気軽に読んでいってください。

中2女子と小4女子が買った『環境に優しい文房具』

長女イチコ(中2)が通う中学校の入試にともない

在校生がお休みになった日のこと。

イチコが「暇だーー」と言っていたので、

私の買い物に一緒に連れて行き、ついでにLOFTを散策してきました。

 

文房具が大好きなイチコ。

時間を持て余していたのもあり、LOFT内の文房具売り場を

隅から隅まで見て歩きましたw

(私は途中で飽きてしまった・・・)

 

LOFTといえば、夏頃、子どもたちが買った環境に優しい文房具。

idokusyoclub.hatenablog.com

 

今回も、SDGsコーナーに行って、色々と見てみました。

で、こんなのを見つけたイチコ。

penon.co.jp

 

森林認証された木材を使用し、脱プラを目指したペンだそうです。

勉強の時にボールペンを使いたい派らしいイチコ。

「これで勉強しようかな」と、購入を検討。

 

というのも、ただ木材を使用したボールペンというだけでなく、

替え芯をリサイクルしてくれるらしいのです!

 

…というところに惹かれたみたいで、結局、購入しました。

おしゃれな眼鏡フレームがついたMEGANE PENと替え芯

正直、ボールペンにしては高いお値段でしたが・・・

自分のお小遣いと、足りない分は母が援助しました。

(勉強に使うと言われたのでね・・・(°∀°;) )

 

使い心地はというと・・・分かりません!

イチコが箱から出さず、まだ大切に取っておいているので。。

早々に箱から出して、勉強に使ってくれたらいいのに・・・と思う母でした。

 

ところで、LOFT内で他にも面白い文房具を見つけました。

それは、削らずに使い続けられる鉛筆です!

www.sun-star-st.jp

 

メタルペンシル「メタシル」は、芯が金属製の鉛筆。

摩擦で黒鉛と合金の粒子が紙に付着して、

鉛筆のように書けるし、消しゴムで消せるとのこと。

 

他にも、メーカー違いで、

同じ値段のモノや、少し安価なモノまで売っていたのですが・・・

イチコは「線は細く書けるのかなぁ?」と疑問に。

ボールペンやシャーペンなど、細い線が書きたいタイプのイチコ。

「鉛筆」というイメージから、線が太いと使いづらいなぁ、と思った模様。

 

というわけで、この日はメタルペンシルは保留にして帰宅しました。

 

しかし、その日、学校だった次女ニコ(小4)に夕食時、その話をすると・・・

「コレ欲しい!!」との答えが。

元々、環境問題に関心のあるニコ。

そして、イラストが趣味。

絵を描くときに使ってみたい!!ということでした。

 

なので翌日、ニコを連れて、もう一度、LOFTへ。

形が八角形で鉛筆の形状に近い、ということと、

iPadのタッチペンと間違えないように、という理由で、

metacilのネイビーを購入しました。

使ってみた感想は・・・書きやすいけど薄い!!!

metacilは、鉛筆の濃さが「2H相当」とのことで、

普段、2Bの鉛筆を使用している小学生にとっては、めちゃめちゃ薄い。

↑上段が2B鉛筆で書いたもの、下段がmetacil(2H相当)で書いたもの。

う〜ん、見えにくい。

 

というわけで、勉強には使わず、絵を描くときのみ使用することになりました。

 

ちなみに先日、metacilでお友達に頼まれた絵を描いていましたが、

「スラスラ書けたし、線が薄いので、消し跡が残りにくくて良い♪」

と、大喜びでした。

 

なお、他のメーカーさんのモノは

「H相当」とか「HB相当」と書いてありました。

濃さが気になる場合は、そちらを選んだ方が良いかもしれません。

(ニコは、見た目でコチラにしたので。)

 

コレ1本で、鉛筆100本分に相当するらしいです。

小学生にとって、鉛筆削りは本当に面倒な作業だし、

1本を長く使い続けられるというのは良いことなので、

良い買い物ができたな〜と思いました。