イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

二児の母、『英語日記BOY』を参考に英会話の勉強を始めました

昨日は『英語日記BOY』について読後の感想を書いたものの、

本筋とは全く違う着地点となってしまいましたので…(°∀°;)

今日はこの本の本来の目的である『英語の勉強』について

参考にしながら実際に試してみました!という話を書いてみます。

 

目をそらしたい現実…

まず、私の英語レベルですが・・・

低いです!!!( ˃ ⌑ ˂ഃ )

 

英語の勉強といえば、高校時代で終了。

大学では英語でも論文を読みましたが、

専門用語だったりするので、英語力アップには繋がらず。

また、子どもたちが生まれた後は、

今後、子どもたちに必須となるであろう英語を早めに身につけさせてあげようと

英語のDVDや英語の絵本、英語の塾など色々と体験させるものの

家族内で英語力がアップしたかというと、答えはNOです。。

 

というわけで、今の私の状態としては、

「英語はある程度の単語は分かるし、文章は何となく読めるけど、

会話となるとパッと出てきません」という感じ( ˃ ⌑ ˂ഃ )

 

今年のお正月、

「英語を勉強したい」という目標を立てたにもかかわらず、

上半期、特に何もしてこなかった〜!

 

そんな時に出会った本が『英語日記BOY』でした。

 

 

二児の母、英会話の勉強を始める

まず、この本を読んで気づいたことは

「そうか、今まで私は自分に合った英語の勉強をしてこなかったんだ」

ということでした。

 

勉強とは、ただ闇雲にやるものではなく、

何かの目的を果たすための勉強であった方が身につく。

英語を話せるようになって何がしたいか?

 

この著者さんの場合なら、

「英語×音楽」だったり「英語×デザイン」という掛け合わせで

英語を話すことによって自分の夢を叶えたわけですが、

その目的次第で、達成するために必要な英語が変わってくるということ。

それに気づかされました。

 

どうりで英語の本の通りに文章を覚えて発音の練習をしても

しゃべれるようにならなかったわけだ!!!

 

というわけで、この本の勉強法に従って、

自分にあった英会話の勉強を始めてみた、というわけです。

 

従って…とは書いたものの、

著者さんのように若い世代でない私はスマホは それほど使わず、

むしろパソコンの方が使いやすいので、

自分なりにアレンジして、やりやすい方法に改良させてもらいましたが(°∀°;)

 

その準備や設定だけで、昨日はちょっと時間がかかってしまいましたが、

 とりあえず昨日から「英語日記WOMAN」をスタートさせていますw

 

いつも子どもたちの教育関係について綴っているブログ。

そこに自分の勉強について書くのって、ちょっと…とためらいましたし、

ブログで英語力の無さを暴露するのも恥ずかしいなぁと思いましたが、

宣言しておけば、進捗を書かざるを得なくなって、

途中で挫折〜!!なんてことを防げるかな?と。

なので、とりあえず2022年の残り半分、がんばってみようと思います!