イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

【今週のお弁当】運動会があったので6日連続のお弁当作りでした(5月23日〜28日分)

昨日の運動会の疲れが まだ抜けず、クタクタ状態ですが…

この一週間のお弁当を振り返ってみたいと思います。

今回は6日連続のお弁当作りでした。

大変な一週間だったーーー( ˃ ⌑ ˂ഃ )

 

【月曜日】『イカ焼き』『ポテ豆オムレツ』(おかず容器)
     『大根の味噌汁』(スープ容器)

6日前のメニュー。

写真を見れば思い出せると思ってましたが、なかなか記憶が蘇らず…。

この黄色い食べ物はなに!?と思ってしまいましたが、ようやく思い出せた!

レンチンしたジャガイモと枝豆を入れた『ポテ豆オムレツ』でした。

イチコは甘い卵焼きが苦手のようなので、コンソメ味にしました。

 

【火曜日】『辛くないエビチリ』『焼き茄子』(おかず容器)
     『麻婆豆腐』(スープ容器)

火曜日は中華。

『辛くないエビチリ』は、思ったより塩気が強く、ちょっと失敗…。

『焼き茄子』は、レンチンしてから焼いたので、

茄子の紫色が綺麗なまま仕上がりました!

 

【水曜日】『チーズピカタ』『ラタトゥイユ(おかず容器)
     『ジャガイモと新玉ねぎのスープ』(スープ容器)

『チーズピカタ』は粉チーズをちょうど切らしていたので、

ピザ用チーズを入れて作りました。

でも、やっぱり粉チーズほど風味がなかったので、ちょっと残念。

 

【木曜日】『アジフライ』『ひじき煮』(おかず容器)
     『豆腐のかき玉スープ』(スープ容器)

『アジフライ』は揚げ焼きするだけの半調理品を利用。

『ひじき煮』は「ひじきの水煮」と「蒸し大豆」と「ちくわ」を利用し

全部をあわせて煮ただけなので、超簡単調理ができました(๑>ڡ◕๑)

 

【金曜日】『レンコン鶏竜田』『のり塩じゃがいも』(おかず容器)
      『舞茸とワカメのスープ』(スープ容器)

『レンコンの鶏竜田』は冷凍食品。

のり塩じゃがいも』は茹でたジャガイモに韓国のりを和えました。

 

【土曜日】『エビフライ』『だし巻き玉子』『人参のしりしり』(おかず容器)
      『スイートポテト』『冷凍ブドウ』(スープ容器)

ずっと気がかりだった運動会のお弁当。

気温が上がり暑くなる予想だったので、今回、スープ容器は

自然解凍可の冷凍食品『スイートポテト』『冷凍ぶどう&白ブドウ』

冷凍系を詰め込むことにしました。

数日前、冷凍デザートは保冷剤代わりに入れても10分程度で溶けるし

溶ける過程の水分で菌が繁殖する…という情報を仕入れていたので

食中毒を防ぐため、おかずとデザートは別々にし、

スープ容器を冷凍デザート専用にしてみました。

 

おかずのメニューは、子どもたちの大好きな『エビフライ』。

イチコの好きな『だし巻き玉子』

『人参のしりしり』を塩レモン味にしました。

 

同じ日に運動会だった次女ニコのお弁当には

だし巻き玉子の代わりに、ニコの好きな甘い系の卵焼きを入れ、

もう1段を冷凍デザート専用にしました。

私とオトさんの分も作りました。

久々の4人分のお弁当。ホント大変だった〜( ˃ ⌑ ˂ഃ )

(↓デザートなしがオトさん、↓デザートありが私)

ちなみに、イチコには凍らせたアクエリアスも持たせました。

イチコはランチジャー弁当なので、ご飯は炊きたて熱々を入れていますが

今回、スープ容器には冷凍デザートが。

ご飯の熱で、デザートが悪くなってしまうか!?と心配になってきたので

冷凍アクエリアスの上にランチジャーを乗せて

持ち運ぶようにしてもらいました。

しかし、そのせいで逆に冷えすぎてしまったらしく、

炊きたてのホカホカご飯が、冷えて固くなっていた…とのこと。

それは予想外。ごめんねーーー!!

 

ニコには、冷凍したQoo(クー)のゼリー飲料を持たせました。

お弁当だけでお腹いっぱいになって、

Qooは食べられないかも…と言っていましたが

甘い物好きのニコ。

ゼリーは別腹だったらしく、完食して帰ってきました(๑>ڡ◕๑)

 

私はというと、子どもたち二人には冷凍飲料を持たせたのに、

自分の分は、入れるのをすっかり忘れてしまっていました…。

(オトさんは、元々 家でのんびり食べる予定で、

冷蔵庫でお弁当を冷やしていたので、冷凍飲料も冷凍デザートもナシでした)

 

+++++

今回の運動会は、コロナ対策のため、個別に食べるお弁当でした。

数年前のような、家族全員で大きなお弁当箱を囲むというスタイルではなく

一人一人の分を作る形となったので、おかずの量も数も少なめ。

その分、調理は少し楽ができました。

でも、一人一人の分をお弁当箱に詰めていくのが、やっぱり大変だった。。

詰める作業が思った以上に手間取り、最後は かなりバタバタしました。

 

全員で食べる大きいお弁当と個別に食べる小さいお弁当。

どちらもそれぞれ違う苦労があるけど、みんな美味しく食べてくれてよかった。

来年は、どんなお弁当を作ることになるのでしょうね。