イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

中2女子の手作り和菓子『桜まんじゅう』

和菓子作りを趣味の一つにした長女イチコ(中2)。

昨日、初めての「おまんじゅう」作りに挑戦しました。

 

前回の『柏餅』で使用した柏の葉と同様に、

「桜の花の塩漬け」も、なかなか入手に時間がかかりました。

実家のばぁばから何年か前にもらった記憶を頼りに

今年の春、イチコを通じて、ばぁばに調達を依頼していたのです。

 

ばぁばの話によると

「材料の八重桜はソメイヨシノより咲くのが遅い。

そこから花を塩漬けしていくから、

お店で見かけるようになるのは春の終わり頃なんだよね〜」

とのこと。

 

それでもばぁばちゃん、依頼された4月以降、

近所の直売所などを巡り、探し回ってくれたようで、

ついに発見できた「桜の塩漬け」を送ってくれました✿

この桜の塩漬けを使って、おまんじゅうにチャレンジ!

今回もこちらの本を参考に作りました。

 

ずいぶん慣れてきたようで、

「あの材料はどこ?」とか「道具はどこ?」など私に質問することなく

いつの間にか始めていたイチコ。

なので、写真が追いつかずw

すでに小麦粉とベーキングパウダーを ふるい終わろうとしているところでした。

 

ふるった粉に、ピンクに色づけした水と砂糖を加え、混ぜましたが、

思うような固さにならず、なかなか生地がまとまらない・・・。

粉を追加し、何度も混ぜて、ようやく棒状にすることができました。

(一人では大変そうだったので、このあたりから母も参戦。

隣で追加の粉をふるうなど、作業の手伝いをしました。)

この生地を8等分し、あんこを包んでいきます。

あんこは、前回の柏餅で余って冷凍保存していたあんこを使用しました。

(イチコが包んでいる間、隣でどんどん道具を片付けていく母)

つつみ終わったおまんじゅうをクッキングシートに乗せ、

塩抜きしておいた桜の花を飾っていきます。

(蒸し器の準備や桜の花を乗せる作業を任されるなど

いつの間にか なぜか忙しくなっている母…)

そして、蒸し器で蒸すこと13分。

念願の『桜まんじゅう』が完成しました✿

あれ?

生地をピンクに着色していたハズなのに、

ほとんど白に近いおまんじゅうに…(°∀°;)

でも その分、ピンクの桜が可愛く映えて、良い感じかな?と。

食べた感想は・・・

『めちゃくちゃ美味しい✿』!!

 

いつものように、生地の砂糖(てんさい糖)は10g少なめにした模様。

あんこも柏餅の時につくった甘さ控えめのあんこでしたが、

それが甘すぎずにちょうど良い感じ♪

しかも桜の花びらの香りと少しの塩気も含んでいて、

とても美味しかったです。

イッちゃん、今週も美味しいおやつをありがとう✿

 

余談…

イチコが、衣替えをしました。

ついこの前までは部屋着として

GUと なにわ男子がコラボしたスウェットを着ていました。

www.gu-global.com

裏起毛だし、そろそろ暑いでしょ…と思っていましたが、

先日、ついに「ジャにのちゃんねる」のTシャツが届いたということで

裏起毛スウェットから いきなり半袖Tシャツに衣替えw

背中側には中丸くんが描いた可愛い(?)みんなの似顔絵が描いてあったので

後ろからの写真も撮ろうとしたのですが、そんな私の気配を察知。

イチコによって断固拒否され、髪の毛で隠され、撮れずじまい…。

なにわの時も、何度も写真撮影にチャレンジしていたのですが、

胸元の文字を髪の毛で隠されて撮れなかったのでした…。

(ヘアドネーションをするため、ずっと髪の毛を伸ばしているので、

イチコの髪の毛、かなり長いのです)

 

なにわ男子の白いスウェットは

和菓子作りの過程で、赤い色粉が付いてしまい、

おなか付近に、ほんのり染まった部分がありましたが、

今回のジャにのちゃんねるのTシャツも白。

果たして真っ白のままで夏を終えることができるでしょうか?w