イズルハ家の教育系体験記

 イチコ(中2)ニコ(小4)カコ(主婦)オト(大黒柱)のイズルハ家。教育系を中心に日々体験した様々なことを記録していきます。気軽に読んでいってください♪

廣嶋玲子さんの本は面白い!不思議な話の『十年屋』と『魔石館』〜次女の読書記録より〜

4年生になってから、全くと言っていいほど読書をしなくなった次女ニコ。

しかし、特典付き☆TODOリストで『読書』も特典付きにしたことにより

今月に入って、再び、本を読んでくれるようになりました。

(『読書』の特典も、他と同様、1冊読めばゲーム30分追加OK!)

 

というわけで、最近読んだ廣嶋玲子さんの本の読書記録を書いてみます。

 

心がほっこりする話が多い『十年屋』

捨てられないもの、なくしたくないもの。

そんな大切な物を十年間、魔法で預かってくれる『十年屋』に

さまざまな事情のお客さんが訪れる、というお話。

 

『銭天堂』を書いている廣嶋玲子さんの本ですので、

銭天堂と同様、こちらも短編のお話が詰まった本となっています。

そして銭天堂と同様、良い結末もあれば、悪い結末のお話もあり…。

ニコは悪い結末の主人公に対し「自業自得だけどね…」と

クールな感想を言ったりしてました(°∀°;)

 

しかし十年屋は、どちらかというと良いお話の方が多い感じ。

十年屋さんは「物」を預かるのですが、

その物には思い出や心が込められていて…。

読んでいると、じんわり、ほっこりしてしまいます(๑′ᴗ‵๑)❤︎

 

また、途中に出てくるお話が、エピローグで繋がったりしていて…

「あぁ、こういう結末になったのね〜♪」と、後日談みたいな感じで

前のお話がハッピーエンドになったりするのが、また ほっこり♪

更に執事猫のカラシちゃんが、なんといっても可愛すぎて.゚+.( ´ ∀`*).+

ニコもこの本をお気に入りになりましたが、私も大好きになりました。

 

文字の大きさは「やや小さめ」

ページ数は150〜170ページほど。

小学4年生くらいにぴったりです。

(ページ数がそれほど多くないので、3年生でも良いと思います)

 

ちなみに、十年屋シリーズの特別編として

『作り直し屋』や『いろどり屋』など

十年屋と魔法街の住人たちの本も出ています。

 

ニコは、その本が読みたくて読みたくて!

特典付き☆とか関係なく、あっという間に読んでいましたw

なので、現在、ゲーム時間の特典が使い切れずに

2時間ほど溜まってしまっています…(°∀°;)

 

世界の不思議な話『魔石館』

こちらも廣嶋玲子さんの本。

6〜8つの短編が入ったもので、少し不思議なお話が多い本でした。

 

舞台は世界の色々な国や人々。

すべて石(宝石)にまつわるお話ですが、

その地域に伝わる伝説や昔話のような感じになっています。

なので、それぞれの石の話が、その国の雰囲気とともに味わえて、

とてもイメージしやすかったです。

不思議な話、不気味な話、悲しい話、感動的な話など、

十年屋や銭天堂とは、また違ったテイストですが、

こちらも廣嶋さんワールド全開!といった感じでした。

 

十年屋と同様、文字の大きさは『やや小さめ』

ページ数は160ページ弱。

小学3〜4年生向けの本でした。

2022年9月現在、3巻までしか出ていないようです。

 

母の感想

私の感想としては、

十年屋の方は、主人公はそれぞれ代わっていくものの

魔法使いの十年屋さんを中心に様々な話が繋がっているので

短編ながら飽きることなく読むことができて、とても楽しいです。

 

一方、魔石館は、国も宝石もバラバラ。

それぞれ全く違う味わいの話が集められた感じでしたが、

短い中にも感情がギュッと詰まったものがあり

感動のあまり涙が出てしまった話もありました。

 

というわけで、どちらの本も面白いです!!!

どちらのシリーズも、もっともっと続いてほしいな〜と思いました。