イズルハ家の教育系体験記

イチコ(新・高1)ニコ(新・小6)オト(大黒柱)二児の母(私)が日々体験したことを教育系を中心に備忘録代わりに記録しています。公開日記のようなものです。気軽に読んでいってください。

大黒柱による男の手料理『牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』

今年のゴールデンウィークも出かける予定をしていないので・・・

おうちご飯を充実!ということで、

大黒柱のオトさんが肉をお取り寄せしました。

土曜日は焼き肉をしましたが、

昨日・日曜日の夕飯は、オトさん特製の『牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』に。

 

えっ!?牛ほほ肉の赤ワイン煮込み??

我が家で初めて登場する なんかオシャレな名前の料理だわ(°∀°;)

 

オトさん、前日から仕込みをしまして、

当日は3時間コトコト煮込んだようです。

また、他にも、長女イチコのリクエス『鯛のカルパッチョ

『ベビーリーフのシーザーサラダ』も合わせて作ってくれました。

おぉ!なんかオシャレな食卓に。

 

ただ、初めて食べる『牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』。

恐る恐る…という感じで、とりあえず、お肉1カケラをお皿に取ってみた。

箸を入れてみると・・・お肉ホロホロ〜

食べてみたら、超やわらか〜.゚+.( ´ ∀`*).+

 

最初、食べた時は、正直「ん??パンチがない?」と思いましたが、

何度か食べている内に、後引く美味しさで、だんだんハマった(o´∀`o)

次女のニコも気に入ったらしく、何度もおかわり!

(一方、イチコは大好物のカルパッチョばかり食べてました…)

 

「前日から仕込んで3時間も煮込むなんて、男の料理だよね〜」

という話をしました。

主婦は、いかに時短するか!?ばかり考えてるので。笑

 

これまでのオトさんのレパートリーは

アクアパッツァ」「カルパッチョ」「お好み焼き」「たこ焼き」でしたが

ここに『牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』が加わりました。

そんなに頻繁には作れないけどね

クリスマスとかいいんじゃない?

それいいね〜♪

ということで、今度、この料理が出てくるのはクリスマスくらいになりそうです。

 

ちなみに、食事の後片付けまでしてくれたオトさん。

以前は作りっぱなし(そこも男の料理って感じ…)でしたが、

最近はお皿洗いまでセットでやってくれる。

これも旦那さんへの教育の賜物か!?

(私の場合、ただ愚痴をつぶやき続けただけですけどね〜笑)

 

*****

日本からウクライナへ祈りを届ける~#SunflowerFromJapanプロジェクト